2012年10月23日

メモ:高音質配信vsCDは不毛

高音質音楽配信大好きっ子(注:37歳既婚)の私です。

 

高音質配信の良いところは……

・音が良い

・CDからリッピングする手間が省ける(ただしWAVだと自分でメタデータ入れないといけない)

・CDみたいにパッケージがないので「あれ?どこに行ったっけ?」みたいなことがない

・廃盤がない(はずなんだけどな...)

・読み込みドライブのエラーなどに悩まされない

・通販の受け取りを気にしなくてよい

……というメリットがあります(あ、頭痛が痛い系の文だ)。

制作サイドからしてみれば、製造や流通コストがカットできるのも魅力ですし、24ビット/48kHzで制作したのに、泣く泣く16ビット/44.1kHzに落とすということを避けることができます。

 

デメリットとしては……

・HDDが飛ぶとデータが飛ぶ(バックアップ取ればいいという話)

・データが大きい(まあ致し方ないです)

・ブックレットがないことが多くクレジットが確認できないこともしばしば(これも売る側の工夫次第)

・中古で転売できない

 

……といったところでしょうか。

制作サイドとしては

・売りにくい

・CDマスタリングを前提にすると、まとめづらい。CDがメインで高音質用に別途マスタリングするとコストが二重になる

 

 

特に音質は大きくて、DSDのものなどは鼻血が出るくらい素晴らしいものが多く、その場の空気感まできちんと再生されていると感じることも少なくありません。

個人的には高音質配信(少なくとも16ビット/44.1kHz)があれば、もうCDで買う必要はないなとも思うのですが、ブックレットの問題は大きくて、クレジットが確認できないのは不便だなと思うことも多々あります。まあこれはPDFでブックレットを付けるなり、Webサイトでクレジットを公開するなりで対応してほしいなと。

 

他方で、CDにもまだまだ可能性があると思うのです。

 

一番大きいのはライブ会場やイベント会場など、フィジカルな場で「買える」ことです。

一種のグッズ、マーチャンダイズと言ってもいいかもしれません。

 

勘違いしてほしくないのは、中身の音楽そのものがグッズという意味ではないということです。

ライブが良かったから買おう、イベントに参加したいから買おう。そういった意味では別にTシャツでもタオルでもなんでもいいのですが、音楽に直結したパッケージとしての価値はまだまだあると思います。ダウンロード券(権)とかだとやっぱりちょっと違うんじゃないかなと。よほど工夫の凝らしたカードとか、仕掛けを作るなら別として。

それと、お財布的なお話ですが、やっぱりCDの売上ってまだまだバカにはできないと思うんですよね。

 

はてさて、フィジカル派の方は、「やはりCDというものでないと」「データを買うなんて」という意見の方も多いようです。それはそれで分かるんですけど、既に数千枚という単位でCDを持っている身としてはこれ以上増えるのは結構つらいし、どうせリッピングして聴くし、とか考えちゃうと、配信で買う方がはるかにスマートではあるんです。でもCDも買います。アーティストに落ちる金額がその方が多いとか、ついいろいろなことを考えてしまいますが、やっぱり目に入ったときに買わないと忘れてしまう、というのが個人的には大きいです。

 

一番大事なのは、オーディオフォーマットを問わず訴求する音楽を作ることでしょう。

一番よくないのは、CD擁護側からの配信の否定、配信擁護側からのCDの否定、だと思います。

それぞれに意義はある。

 

アーティストにしてみたら、どうしたら自分の音楽をどう届けるのがベストか、という問題なので、配信のみの人にCDリリースを強要したり、CDリリースのみの人に配信を望むのは、筋違いかなと思うところもあります。

ただ、「配信はCDより売れない」という先入観は、営業努力を怠っていることのエクスキューズじゃないかしら、とも思います。

 

『ネットとライブで自分の曲を売る方法』、初版が出てから2年経ちましたが、まだまだ課題は変わっていないな、というのが僕の思うところです。

せっかく作ったものなんだから、頑張って売ろうよ。フィジカルでも、配信でも。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.impactdisc.net/mt/mt-tb.cgi/356

コメントする