2014年4月27日

100km乗って分かったこと

100km走ってみました。もちろん自転車で、ですが。

 

クロス・バイクでは既に80km、入間アウトレットまでの往復で乗りましたが、距離的にももうちょっと稼ぎたいし、ロード慣れしたい、という意味で100km目標に走ってみようと思いました。

 

さて、どこに行くか? 実はそう思ったのは、芝川サイクリングロードに先日行ったときに「利根川大堤まで47km」という標識を見たからなのですが、ホームとも呼べる荒川サイクリングロードにしました。榎本牧場に行ってみたかったし。

 

2014-04-27 11.45.27.jpg

 

行程やら何やらは省くとして、結果として鴻巣までの往復で102km。10時過ぎに出発して、家に着いたのが16時5分。まあまあ、ですかね。まだまだですけど。

今回乗ってみて気がついたのは、僕はカーブを曲がるのが下手ですね。特に直角。荒川CRは、農道を兼ねているところが多く、畑は長方形のところが多いので必然的に直角カーブが大きくなります。道幅も2mくらいのところが多いし。十分ブレーキをかけたつもりでも、カーブの膨らみでオーバーランしてしまうことが何度かありました。これに対処するには、ハンドルだけでなく身体で曲がるのは当然のこととして、きちんとハンドルを切る、という当たり前のことが大事です。カーブを曲がったと思ってあわててハンドルを戻すと、曲がりきってないのに体制が戻ることで、外に膨らんでしまいます。カーブでは最後の最後までちゃんとハンドルを切る。これはちゃんと練習しよう。

 

DSC00614.jpg

 

 

あと、「ちぎれる」ということを初めて体験しました。

帰路、風が強い中、下ハンドルを握ったりしながらひたすらペダルを回し続けて、気がついてみれば抜くことはあっても抜かれることはほとんどないまま進んできました。

それが80kmを過ぎた辺りで、後ろに気配を感じるやいないや、6人くらいのそろいのジャージを着た集団にあれよあれよと抜かれてしまいました。たぶんどこかのショップかなにかのチームでしょう。そんなにペースは早くないから追いつけないかな? 引いてもらえないかな?などと思ったのですが、ちょっとだけ早いペースをきちんと維持していて、みるみる離されてしまいます。うーん、これは仕方ないかと思ってまたしばらく走っていると、ものすごいスピードで走ってくる人にあっさり抜かれました。しかも同じジャージ。チームの集団に追いつくべく、ペースを上げているようです。

行く先で自動車が進路を塞いでいて、この方に追いついた瞬間、右カーブ。先行する速い人はハンドサインを出してくれます。こういうのきちんとするのは偉い。見習いたいというか、こうできる余裕を持ちたいですね。

で、このカーブを曲がった瞬間、いたずら心が芽生えて、どこまで食い下がれるか踏んでみようと下ハンドルに持ち替えて踏んだ……んですが、2秒ともちませんでした(泣)。先行するこの方は筋肉もりもりのふくらはぎを見せつけながら、ぶっちぎりに速い……この瞬間、心が折れました。身体はヘトヘトなので、心で走っていたので、心が折れた瞬間にすべてが折れます。かろうじてペダルを回していましたが、ああ、レースで抜かれてちぎれるってこんな感じだろうなぁと思いました。まあ、本気でレースしている人に僕がかなうわけもなく(当たり前だ)。

その後、予定していた休憩所(公園の駐車場)で、このチームの方々が休憩を取っていて、非常にバツが悪かったです(笑)。まあ、いい経験ができたと思います。

 

帰ってきたら、もちろん肉体的には疲れているんですが、顔と頭が火照っていて、頭から水をかぶりました。入浴したかったんだけど、浴室乾燥機を回していて、あきらめました(笑)。

 

で、100km走って何を得たか、なのですか、充実感……というのともちょっと違うし。

無くしたものはあります。サドルバックにつけていたリアライト(泣)。最後の休憩まではあったんだけどなぁ……これは無いと困るので帰ってきてからバイシクルセオ川口店で買いました。あと、ライトのマウントのレバーが折れて外れなくなったので(泣)、これもセオさんで入手しました。セオの佐藤さん、ありがとうございます。

疲れたけどそんなにヘロヘロでもなく、夜は相方を迎えに彼女の職場でクロスで行き、「軽っ!」と思いました(僕のはロードよりクロスの方が1kgくらい軽い。普通逆なんだけど)。まあ、僕でも100kmは走れるんだ、ということですね。朝7時に出て、18時に帰ってくる計算なら150kmくらいはいけるかな? と考えると浜松まで2日くらい?(箱根超え無理だろ)。まあほぼ毎日15〜20kmくらい走ってるので、距離と時間の感覚は大体分かってるというのは大きいですね。

 

さて、まとめとして、ロングライドで大事だなと思ったことを。

●補給

この季節はまだそんなに暑くはないですが、500mlのボトルが1.5〜2時間で空になります。僕がミネラルウォーターを買ったのが3回だから、実際そんな感じ。

あと、ハンガーノック(エネルギー切れ)で走れなくなるのが怖かったので、扇雀飴のはちみつ100%を4個ポケットに入れていきましたが、これは全部舐めました。ということは、ボトル交換と同じくらいのタイミングでこれくらいのエネルギーを補給するのがよいのかなと。ちなみに昼食(おにぎり2個とサンドウィッチ)を買ったコンビニで念のためにどら焼きを買いましたが、これは帰ってきてから夕食後に食べました。

ああ、途中、榎本牧場でジェラート食べたのも結果として良かったな。

 

DSC00630.JPG

 

消費カロリーが2,500kcalくらい……大体普通の成人男性の一日分の摂取カロリーよりちょっと多いくらいだったので、ちょうどいいくらいですかね。

特に一回サイクリングロードに入ってしまうと、補給できるポイントは限られるので、いろいろな配分を考えて計画するのがよいと思います……って言いながら無計画な出発だったけど、備えていたことは確かです。念のため輪行袋持っていったし(笑)。使わなかったけど。

言わずもがな、適度に休憩するのも大事です。1時間に1回でも多過ぎないと思います。

 

●声かけ大事です

抜くときは「右通ります」「左通ります」、抜いたら「ありがとうございます」「失礼します」。あとすれ違うサイクリストに会釈。これだけで気分的に全然違います。挨拶は基本です。僕は浜松市学生寮に入ったときに「うちの寮は挨拶だけしっかりやれば大丈夫だで」(遠州弁)と4年の先輩に言われましたが、社会生活の大基本だとしみじみ思います。

上述のように、ハンドサインも重要です。ついつい自分の運転のことばかり考えてしまいますが、いついかなるときでもきちんとサインを出せるように習慣づけつつ、それだけの余裕を持って走りたいですね。

 

●日焼け対策

長袖のアンダーを着てるし、ロングタイツだし、鼻から下はバンダナを巻いているので、大丈夫かな?と思っていましたが、帰ってきてから相方に「目と口の間が赤い」と言われました。あと指切りグローブをしているので、指先だけ日焼けしましたorz。聞いた話では、日焼け止めには疲労防止の効果があるそうなので(というか紫外線の影響を止める)うまく使いたい……と思ってググったら、甲状腺に影響が出るとか出ないとかも出てきて、どうしたらよいの?

 

2014-04-27 23.53.14.jpg

 

今後としては、やっぱりビンディング・ペダルとシューズが欲しいなぁと思いますね。恐らくこれだけ乗るのは、相方が同行していないときだろうから、そんなに歩くこともないのでロード用でいいような気もちょっとしています。歩く前提ならフラットペダルをつければいいわけだし。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.impactdisc.net/mt/mt-tb.cgi/411

コメントする